Basket Icon

モルトンブラウンのヘリテージ

OUR FAVOURITE MEMORIES

Since 1971

モルトンブラウンの物語は、1971 年にロンドンのサウス モルトン ストリート 58 番地にあるヘアサロンから始まりました。それ以降の私たちの歩みは既に知られていることもありますが、驚くべき取り組みに満ちています。そのすべてをここで愛情を込めてご紹介します。

画像

1970年代:ナチュラルビューティの先駆者

1971年、共同創設者キャロライン・バースタインとマイケル・コリスが、創造性に富んだロンドンのメイフェア地区サウスモルトンストリートにオリジナルサロンをオープンしました。当初から彼らはお客様ひとり一人を中心においたナチュラルなサービスを提供し、サロンの地下では、ナチュラルヘアケア製品を手作りすることで、ヴォーグの表紙を数多く飾る英国最高のスタイリストたちにも支持されていました。
キャロラインとマイケルふたりは環境配慮の道を切り開いていきました。彼らは動物実験を行わず、サロン内にはベジタリアンカフェも併設していました。
現在では、すべての製品を100%ベジタリアンに取り組んでいます。また、オリジナルのナチュラルヘアケア製品からインスピレーションを得て、持続可能な方法で調達したハーブを使用した現代的なヘアケアコレクションもあります。

画像

1980年代:新しい活動の拡大へ

1984年に最初のシンボルとなる香りを発売しました。「オレンジグローブ バス&ボディコレクション」これは現在、オレンジ&ベルガモットコレクションとして知られています。このコレクションは、英国初の高級ハンドウォッシュであるだけではなくロンドンの5つ星ホテルに提供されており、英国最初の高級アメニティの1つとなりました。
この発売と同じ年に、私たちの創設者は、生産をエルセンハムのモッツホールにある田舎の家に移し、コレクションのために庭でハーブを栽培し納屋で乾燥を行っていました。現在も、当社の製品の大部分は、モッツホールからわずか数マイルにあるエルセンハムの工場で製造されています。
この時代にマイケルは「A Way of Looking」という本を出版しています。この本は、ユニークでホリスティックな美しさに関するモルトンブラウンの精神を表現しています。

画像

1990年代と2000年代:ブランドアイコンの誕生

90年代、私たちは環境声明を発表し、地球にやさしいブランドであることを約束しました。これは創業当時からの「動物実験は行わず、今後も行わない。」という約束が記されています。
その後、今ではブランドを代表するフレグランスである「リチャージブラックペッパー」がマスターパフューマーのジャック・シャベールによって創られました。更に10年後、モルトンブラウンのもう1つのアイコンである「ベブンリージンジャーリリー」も誕生しています。
「リチャージブラックペッパー」は、発売以来、長年にわたって数々の賞を受賞し、世界の多くのファンを魅了してきました。
そしてジャックの娘カーラ・シャベールは、「リチャージブラックペッパー」の誕生10年後に、パートナーフレグランスとなる「ファイアリーピンクペッパー」や、幅広く愛されるマリンノートの「コースタルサイプレス&シーフェンネル」を創造しました。

画像

2010年代:英国のルーツを構築

この10年間で、私たちは誇り高い英国のヘリテージとサスティナビリティの両方を築き上げてきました。2012年には、エリザベス2世女王陛下から英国王室御用達の認定を受けています。
またアスコットやイングリッシュナショナルオペラと提携するなど、英国を代表する施設や団体に私たちの商品を提供をしております。
同時に、地球をケアする取り組みが深まっていきます。私たちは2012年にLeaping Bunnyの承認を受けており、より動物保護に対して責任ある製造体制を強化してきました。

そして2019年には美しくも新しいオードパルファンとオードトワレが登場します。

「50年の歴史を持つブランドは、常に自分自身に忠実であり、自身の中核となる価値観に忠実であり続けています。」

キャロライン・バースタイン
共同創設者であり私たちの友人

画像

今日とこれから

小規模な職人のヘアサロンからスタートし、今日の国際的なブランドに至るまでの50年を振り返ると少し感慨深いものがあります。
私たちの創業当初の精神は、ブランドがどれだけ成長しても、依然として私たちの心の中にあり続け大切に守られています。品質への情熱、私たちを取り巻く世界への配慮、そして人々に愛されるユニークなフレグランスを創造します。

共同創設者であり私たちの友人でもあるキャロライン・バースタインはこう述べています。
「50年の歴史を持つブランドは、常に自分自身に忠実であり、自身の中核となる価値観に忠実であり続けています。そして、私はモルトンブラウンがこの先50年以上も成長していく姿を見たいと思っています。正直なところ、それは私たちが望んでいたことであり、誇りに思っています。」

私たち自身に、これ以上の言葉はないと思っています。

Page Top