ウード・アコード&ゴールド コレクション

アッサムからロンドンへ

リキッド・ゴールドと称されるほど高価な“ウード”をメインフレグランスに、
シナモンリーフ オイル、エレミ オイルなどを織り交ぜた繊細なブレンディングは、
激しい雨が降りしきる奥深いフォーレストを彷彿とさせます。

魅惑的で優美なバスタイムを。

コレクション >

原産地

ウードは、中東と関連が深いと思われていますが、本当はアジア原産です。
ウードの誕生の地に敬意を表し、モルトンブラウンではインド北部に位置するアッサム産のウードを使用しています。アッサムは、ウード、アガーウッドが最も豊富に生息する地域の1つです。

ブレンディングの舞台裏 >

スピリチュアルな旅

ウードは、何世紀もの間、フレグランスとしてだけではなく、宗教的な儀式に使用されてきたことが、ヒンドゥー教の聖典、“ヴェーダ”に述べられています。
ウードは、その深くパワフルなエッセンスのために、お香として燃やされ、
その煙は、祈りを捧げる者たちを神の元へと運んでくれると信じられていました。

ブレンディングの舞台裏 >

ゴールドをまとった優美なバスタイム

その希少性、需要の高さ、収穫の難しさから、ウード オイルは、
世界で最も高価なオイルであると
言われています。その価値は、
ゴールドの1.5倍と言われ、
“リキッド・ゴールド”と
称されています。

ブレンディングの舞台裏 >